スポンサーリンク

宮内庁は小室対策 政府はコロナ対策

皇室

12月10日西村宮内庁長官が定例記者会見にて小室親子か代理人弁護士に説明責任を果たしていくことが極めて重要、結婚に向けて説明をしていくことで批判にも応えることになるのでは、と指摘した。

その前は「伊吹元衆院議長が小室圭さんに異例の苦言」として「小室さんは週刊誌にいろいろ書かれる前に、やはり皇嗣殿下がおっしゃってるようなご説明を国民にしっかりとされて、そして国民の祝福の上に、ご結婚にならないといけないんじゃないか」と苦言を呈された。

秋篠宮皇嗣殿下も誕生日記者会見では、個人の見解として「決して多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」と述べている。

小室家側が2019年1月に出したいわゆる小室文書と呼ばれた“元婚約者の方から「返してもらうつもりはなかった」という明確なご説明がありました。支援や慰謝料の点を含めて金銭的な問題はすべて解決済みであることを二人は確認したのです。” このように解決済みとの文書を発表して以来約一年近く音沙汰無しのまま小室家側としてはこれで終わらせる、終わると見ていたのだろうが、解決済みと思っていたのは小室家と弁護士だけであり、国民としては全く解決されていない状態であった。

秋篠宮皇嗣殿下の誕生日で「結婚は認める」の発言の後に出された眞子内親王のお気持ち文書と、立て続けの動きに結婚に向けていよいよ走り出したか?の印象が強く国民の反発は相当のものだっただろう。宮内庁へ苦情電話、メールに宮内庁職員も根を上げている、ような週刊誌報道もあった。

そこで重鎮伊吹元衆院議長の苦言から始まり元警視総監西村宮内庁長官の苦言にいよいよ本腰を入れて小室退治対策に入ったのではないかと内心わくわくしたのであった。
小室問題は秋篠宮皇嗣同妃両殿下だけでは破談に追い込めない、国家レベルで動かないと無理なほど小室親子のバックには強力なブレーンがいるのか?などと小説かドラマのような推測もできるのだが、単純に考えれば、眞子内親王が小室圭さんに固執し過ぎていること、二人だけの世界に入ってしまい周りが見えない、頑固だという眞子内親王の性格で反発されればされるほど頑なになるなど、童話の「北風と太陽」の北風に吹かれている状態であろう。

小室親子は皇族と結婚することがこんなに面倒だとは知らなかったのではないか。億単位の手切れ金を貰えれば以外と簡単に破談まで持ち込めそうな予感がするのだが。

小室圭さん、及び弁護士がどのような説明をしたとしても国民が納得し眞子内親王と小室圭さんを祝福し、納采の儀から結婚式まで皇族が行う一通りの結婚式を行えるところまでは、いくらマスゴミを使っても無理だろう。

テレビを見ないテレビ離れからネットで情報が入り、わたしのような市井の者でもこうしてブログに書いてわたしの気持ちを発信できる時代なのだ。

国民は新型コロナウィルスでいらいらしていることに加え、更に眞子内親王と小室圭さんの結婚問題も三年の長きに渡りいい加減結婚するのか、辞退するのか、破談にするのか、はっきりケジメをつけて欲しいとの気持ちも大いにある。



おそらく小室圭さんは帰国せず弁護士の会見になればまだ良い方で、また文書だけで応える形になる可能性も高くこれでは進歩もせず後退もしない、同じ状態で小室圭さんが弁護士資格を取得するまで待つことになる。 なんでも眞子内親王は30才まで結婚したいと、30才に拘っているとのことだが、NYに在住しなんのアクションも起こさず批判の矛先は秋篠宮皇嗣同妃両殿下と眞子内親王に向けさせるとは男らしくないではないか。

小室圭という男は眞子内親王を嫁に迎えるという自分の立場を理解できているのだろうか。我が家は婿殿に婿養子に入ってもらったので、婿を迎える立場であった。わたしの住む地方では恋愛結婚でも婿養子での結婚となると、簡単でも結納をして極身近な親戚を呼び婿殿の紹介を兼ねて会食をする人が多いようだ。大学まで行かせて貰った息子さんならそれ相応の結納金も出すことになるのだ。もっとも今時は仲人などは立てないがそれなりのことをして婿殿を迎えるのだ。

小室家も納采の儀では使者を立てねばならないが該当者がいないとも言われる。小室家は死者は多いが使者はいないという不吉な家である。

ここは是非とも小室家辞退に向かって小室対策をして欲しいものだ。眞子内親王にはお気の毒なことではあるが、ご自身が皇族であることを自覚するべきだ。嫌でも眞子内親王の運命であり受け入れるべきだ。虐待される親の元に生まれるよりは恵まれているではないか。画像 週刊女性PRIME

タイトルとURLをコピーしました