スポンサーリンク

皇后雅子さま57才の誕生日おめでとうございます。

皇室
スポンサーリンク

同じ文がリピートされたと思った皇后雅子さまの感想文

皇后雅子さまの感想全文を読んだ時、わたしは真面目に読まなかったのだろう、同じ文がリピートされていたような錯覚を覚えた。

新型コロナウイルス感染症に感染された方や医療に従事されている方
新型コロナウイルス感染症により苦労をされている方々
新型コロナウイルス感染症の感染拡大の中にあって、特に、御高齢の方
新型コロナウイルス感染症の感染者や重症の方、以下省略。

皇后雅子さまの新型コロナウイルス感染症に直面した国民に対しての並々ならぬ思い入れを感じさせられるようではないか。尚且つ、新型コロナウィルスにより活動する予定だった場が極端に少なくなり、話題は良くも悪くも秋篠宮皇嗣ご一家に注目がいき存在感の薄くなった天皇皇后両陛下の悔しさすら感じなかったのは、やはりわたしは皇后雅子さまの感想文は真面目に読まなかったのであった。

「御体調には波がおあり」皇后さま医師団見解

「皇后陛下におかれましては、昨年も医師団が説明いたしました基本的な考え方を踏まえながら、引き続き御治療を継続していただいております。」(引用産経新聞)と書かれているように、皇后雅子さまの病気は未だ完治せず引き続き治療が必要な状態であるとのことで、医師団の見解もほぼ例年通り定型文をその時代によりアレンジされているようなものであった。

今年は皇室にとっても新型コロナウィルスの影響がかなり大きかった。そのため皇后雅子さまもお出ましの機会が去年よりめっきり減ってしまったが、療養初期から中期頃の状態に戻られただけのようなものである。

ところが人間というものは「なにかやらねばならない」ことはストレスにもなるが、「なにもやらなくてもよい」これもストレスと体調不良になるものである。例えばわたしなど腰痛でなにもやらなくてもよくテレビを見てネットサーフィン三昧していた時など返って腰痛だけでなく首や肩こりまで加わり太り始め健康に悪いとつくづく思ったものだ。そこで始めたのが自転車だったわけだ。
皇后雅子さまにおかれましても

新型コロナウイルス感染症のために御活動が制限され、御体調が整いにくくなっていらっしゃるなか、皇后陛下がこのように工夫を重ねられ、御体調を整えられながら御活動を続けるよう努力していらっしゃることは、御治療にあたらせていただいている医師団としても、御自信につながる望ましいことと考えております引用産経新聞

このように「御活動が制限され、御体調が整いにくくなって」との見解を述べられているのだ。そこそこ動いても体調が悪い、動かなくても体調が悪い。ではどういう状態なら体調が良いのか。適当に動いて適当に休むのが皇后雅子さまには一番よいのであろう。




皇后雅子さまは依然として御快復の途上にあり、御体調には波がおありとのことだが、これは一生治らんでしょうな。医師団も覚悟し今後二十年分くらいの「皇后雅子さまの体調の波にまつわる定型文」を考えて置いた方がよかろう。

昔よく爺さん婆さんが「病は気から」と言っていたが、昔の医療が発展していなかった時代においてもあながち間違ってはいないところがある。

皇后雅子さまの病気は適応障害という、昔であるなら「気の病」のひとつであっただろうが、長期療養生活によりかなり改善しているのではないだろうか。

今でも精神科病院に30年、40年と入院し療養生活をしているご病人もいることを踏まえると、即位礼一連の儀式、立皇嗣の礼など出てこられるだけでも良くなっているのだろう。もっとも皇后雅子さまは御所という病院顔負けの至れり尽くせりの環境の中で生活をしている。金に困ることもなく老後の生活に悩むこともない、これだけでも多くの「気の病」を患っている人達から比べると恵まれているとはいえる。天皇皇后両陛下及び愛子内親王のご多幸をお祈り申し上げます。

コメントをいただきありがとうございます。承認するのが遅くコメント返しもできず申し訳なく思います。

コメント

  1. こがらし より:

    毎日来てました。再開、うれしいです。
    ところで、不吉と言われればそうですが、人間一度は必ず死亡します。
    上皇ご夫妻も、例外ではありません。
    その場合の遺産相続は、天皇・皇嗣殿下・清子さまですが、
    その次の代になると、眞子さんにも多額の遺産が入ります。今話題の一時金どころでは無いでしょう。
    相続のプロである小室母子が、算盤弾いていないはずが無く、
    捕らぬタヌキの皮算用で、舌舐めずりしてるんじゃないでしょうか。
    裁可が生きており、更に天皇一家が味方した以上、絶対に降りないだろうと思います。
    ところで、話題になっていませんが宮内庁長官の発言後、官房長官が「一般論でしょ」と、取りようによっては
    「宮内庁、余計なことするんじゃないぞ。黙って結婚させ、皇女制度によって一生安泰に暮らさせるんだぞ」と
    恫喝なさったように感じました。官房長官は、宮内庁長官の上司にあたります。
    菅首相は、そうかや公明党と、以前から親しいとの記事読んだことがあります。
    そうかと言えば、天皇夫妻と皇后の実家のOWD家。噂ではKKも大作センセの孫だそうで、ひょっとしたら皇后の甥かも。
    この結婚は、国民の反対を押し切って強行しちゃえば「愛子天皇」その先の「天皇制廃止」に道開いちゃう危険性を
    孕んでおり、そうか媚中菅政権が内廷に忖度して、そちらにコッソリ道つけているような気味悪さを感じています。
    ・・・・・・・妄想です。妄想。お読み捨てくださいね。

  2. 憂国 より:

    nekoda様

    雅子さまは57歳になられ、この20年その存在すら忘れてしまいそうなくらい、
    お目見えする事が少なかった。(静養以外は)。
    前天皇皇后が退位して、一定の公務や行事に出席するようになったものの、その事自体
    当方は違和感を感じます。つまり、前天皇皇后が嫌いだった、と言う事でしょうか?
    それとも1番でなきゃ、イヤッ!、と言うパターンでしょうか?どんな理由であれこ方は
    精神を病んでいるでしょう。
    皇后になると、内定費から衣装代として年間かなりの額が割り振られようですが、雅子さま
    の場合そのお金は何に使われているのでしょうかねぇ?いつも同じパンツスーツ、お決まりの
    シャネルのスカーフ、この20年の衣装代は何処へ消えたのでしょうか??貸し切りご静養費
    ですかねぇ??
    昨今、シノフォビアが増えているようですが、当方はマサフォビアにござります。
    世も末ですねぇ~

タイトルとURLをコピーしました